J2第19節
コンサドーレ札幌 2-0 京都サンガF.C.

しっかりと勝つことができた。
嬉しい。すごく嬉しい。

今日の試合は強敵の京都、
さらには藤田はU-20代表に呼ばれて不在、
西谷は足の不調で出場できず。
連勝を支えてきた右左の攻撃の要が不在、
まさに飛車角落ちかという状況。
カウエはイエロー累積で出場停止。
ブルーノ・クアドロスと曽田のセンターバックが
復帰し守備はなんとかなりそうだけれど
攻撃が・・・という不安があった。

代わりを務めたのは右サイドに砂川、
左サイドに川崎、ボランチは大塚。
彼らがまた、無難に仕事をしてくれた。

流れの中から得点は取れなかったけれど、
2点はともにセットプレイから。
中山元気はとにかくボールを追いかけたからこそ。
そしてブルーノは、一度シュートを
ゴールバーにあてた跳ね返りの混戦を
粘ってゴール。素晴らしい。
セットプレイから得点すること自体、
昨年とは違う。
主力不在、でもなんとかする。
特に大塚の存在感は大きかった。
ボランチとしては今までの試合で
がんばっていた芳賀よりも
目立っていたんじゃないかな。
ボランチで計算できる選手が3人もいるなんて
かなり、良い!

ダヴィは何度もチャンスがあって
1回でも決めてくれていたら、と思ったけれど
前線からよく守備をしてくれる。

守備はときどき危ない場面が見られるけれど今日は完封。
首位にいる喜びをかみしめる。
なんだか落ち着かないけれど、
今は誰が試合に出ても大崩しない、
そんな感じ。

まだまだシーズンは長く、険しい。
これからは暑さも敵になってくるし。。。
とにかく、このチャンスをものにして欲しい。
次の試合も、がんばれー!コンサドーレ札幌!!

あー、今日は勝った喜びをかみしめよう。
\(^o^)/わーいわーい

スポンサーサイト

【2007/06/02 23:03】 | コンサドーレ札幌
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック